柴犬 哲ちゃん

2019年10月12日

生後6ヶ月頃から出張訓練でオーナーさん宅へ訓練で行き、12才位まで週2回通いました。
夏には毎年、2ヶ月間の山中湖合宿で一緒に過ごして来ました。昨年、山中湖に行く時は
座ったまま横に首を振り続けていて、脳梗塞か何かで脳が駄目になってしまったのかなと
思いました。3日ほどで餌を食べはじめた頃から首を振らなくなり、外で離していると自由に
歩いたり寝たり時には走ったり?して過ごしていました。
昨年の山中湖から帰って来てからも何度か様子を見に行っていました。
2019年の6月のある日、朝突如、「哲ちゃんはどうしてるかな?哲ちゃんに会いに行こう!」
と思い立ちました。
午前中の仕事を終わらせ、オーナーさん宅のチャイムを押すと「中にいるのでどうぞ」と、
入れてくれました。
もう何もわからないし、食べないし、好きだった牛乳も2週間も飲んでいないとの事。小さくなって
しまった哲ちゃん。
その日の夜、「哲が手足をバタバタとさせている」と連絡がありました。何度か繰り返して静かに
亡くなったそうです。
犬(動物)は自分の最後の日を知っていると、ある方から聞いた事があります。会いに行くまで
待っていてくれたと信じています。
有難う哲ちゃん、安らかに。

東京都 八王子市
犬 久保木ドッグスクール

このページのトップに戻る
チャット受付中です!