15才のラブラドール

2015年07月03日

2014年 ちょうど今から1年前。
「今年も行けそうですよ。」のご連絡から、15才のラブラドールのラブ君も
夏の山中湖に移住しました。
足もピョコタンピョコタンで走る事もあまり出来ないのに、うれしくてくるくる回ったり、
食欲もあってとっても元気で過ごしていました。
ある時、ブラッシングをしていたら、のどの所に変なしこりが、、、、。まさか、、、。
まだまだ変わらずに元気だったので、その時がきたらお家でと思っていました。
しかし、のどの腫れも急激に大きくなって。
飼い主さんとも毎日連絡を取り合いながら、元気なうちに家に戻そう、でも腫れも大きく
なってきている中、息づかいが暑い東京では大変ではないか。
相談のうえ、山中湖でこのままお世話をすることにしました。
亡くなる前日まで、自力でごはんをしっかり食べ、朝も自力で歩いておしっこに出て、本当に
りっぱでした。最後までこれで良かったのかと迷いましたが、「結果はラブの為に良かったのよ」
と言って頂き、お世話をできた事に感謝しました。

このページのトップに戻る