大野Koro 2012年5月生まれ 男の子

2014年01月27日

1

 

 

 

マルチーズの前の愛犬が16歳で亡くなり、ペットショップで出会ったのがまたしてもマルチーズのオスのコロでした。亡くなった犬は非常に扱いやすく、また誰からも可愛がられる人懐っこい犬だったので同じようにコロも育つと思っていました。ところが、生後半年くらいから家中のいたる物を噛み外の車の音や人の声にも吠え続け、叱ると攻撃的に向かってきて何度か指を噛まれたりするようになりました。

散歩に出ると走る車やすれ違う人や犬にも突進していこうと吠えます。

1歳すぎた頃、玄関があいた隙に外に飛び出し追いかけても逃げ回り人に向かっていき二人がかりで追いかけて尻尾をつかみどうにか捕まえたと言う事が起こりました。

そのころには家族も精神的に追い詰められていました。

コロも犬らしく生きて行くにはどうしてあげればいいのかと迷っていたところWEBで久保木ドッグスクールを見つけました。

すがる思いで久保木先生とお会いして話をしたら、犬に対する愛情や色々な知識と経験が豊富のようだったので信頼して預けられると思いました。

 

2

 

定期的にコロに会いに行き、訓練を見させてもらったときに明らかにコロが変わっていく姿を見て先生に預けて間違いがなかったと実感しました。

私も一緒に訓練を始めた時、じっと座って久保木先生に指示を待つコロを見て、あ~、本当に変わったのだと安堵と驚きでした。

久保木先生には、まずは飼い主が変わることがコロも変わると言う事を教えていただきました。

訓練が終わり自宅に4カ月ぶりに帰ってきて、恐る恐るではありますが先生に教わった事を毎日忠実に守り記憶を消すべくコロが以前使っていた身の回りの物を全て捨て、心機一転、時には厳しく、時には優しく接することを実行しました。

いまでは、無駄吠えもほとんどなくなり、きっちりと叱れば辞めるようになったし、我慢もできるようになりました。

そして、さらに可愛さが増しやっと本当の家族の一員となったような気がします。

コロも家族も久保木先生夫妻に出会ってから沢山の事を教えていただきました。

困ったことがあれば今後も相談させていただきたいと思っております。

本当にありがとうございました。

このページのトップに戻る