平本トム プードル×ウエスティmix 5歳

2013年07月16日

 

 

トムと私は、久保木さんと出会い、大きく変わることができました。
何よりも変わったのは、日常生活です。
今までは、トムが吠えるから、トムが興奮するから、と人間がトムに合わせる生活でした。
今は、人間中心の生活の中に、穏やかになったトムがいます。
4歳を過ぎてからの訓練は、不安や寂しさとの葛藤もありましたが、
久保木さんとお会いし、とてもホッとした気持になり、安心してトムを送り出す事ができました。

訓練が始まり、問題点としてあがったのは、トムの強い性格はもちろん、トムと私の結びつきが強すぎる事も問題の1つでした。
しかもその結びつきが「横並びの恋人関係」。
これを「縦の親子関係」に変えていかないと犬は安心して過ごせない。
と教えて頂きました。

結びつきが強い事から、面会による訓練への影響を考え、極力面会を避けるプログラムとなりました。

4ヶ月が過ぎ、卒業にむけて、私も一緒に訓練を受ける時期がきました。
暴走しまくりだったあのトムが!?と思うほど、私の顔を見ながら横について嬉しそうに歩くようになっているのです。
久保木さんとお話ししている最中も、今までなら、やきもちをやき吠えていたトムが、 足元でおとなしくしているのです。
やれば出来る子だったのに、私のせいで4年間も放置しててごめんね。頑張ったね。
と胸がいっぱいになりました。

トムは、気が強い、自己主張も強い、賢いのだがずる賢い、すぐ調子に乗る、という性格にあった訓練方法、生活の仕方を教えて頂きました。

トムと私の主縦関係は、卒業時は60%。
残りの40%は、これからの生活で築き上げていくものだとご指導頂き、今も毎日訓練を続けています。

そして、人間の輪の中で、穏やかにいい子に過ごしています。
こんな夢のようだったトムとの生活を手助けしてくださった久保木さんには、感謝の気持でいっぱいです。

このページのトップに戻る